総量規制対象外のカードローンは?即日融資の審査は厳しい?【元銀行員が解説】

総量規制対象外の借入をしたい時に、銀行と消費者金融のどちらに申し込むか悩んだことはありませんか。

銀行は銀行法にしたがっているので法律上は総量規制以上の借入ができますが、審査に前向きではありません。

なぜなら返済能力を超えた貸付によって多重債務に苦しむ人が増えたことで、年収の3分の1以上の貸付を自主規制するようになったからです。

貸金業法に基づく消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1以上の借入はできないと考えている人も多いのではないでしょうか。

意外と知られていませんが、消費者金融で総量規制対象外の借入ができます

また銀行では即日融資は不可能ですが、消費者金融なら即日融資してもらえるので早くお金を借りたい人にもおすすめです。

この記事では融資に前向きな総量規制対象外のカードローン即日融資の方法について詳しく解説していきます。

総量規制とは?

総量規制とは一言でいうと、その人の年収の3分の1までしか借入できないというルールです。

これは貸金業法という法律によって定められており、金融庁のホームページにも以下のように記載されています。

総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。この新しい規制は、平成22年6月18日から実施されています。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。

引用元: 貸金業法のキホン:金融庁

多重債務で苦しむ人が減少した一方、総量規制に達すると新たな借入ができず、必要なタイミングですぐに借入できないというデメリットもあります。

総量規制対象外でも銀行カードローンは審査が厳しい

総量規制対象外

総量規制対象外のカードローンといえば、銀行のカードローンを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし残念ながら、自主規制によって銀行のカードローンの審査はどんどん厳しくなっているというのが現状です。

私が働いていた銀行では、どんなに審査がスムーズに進んだとしても、カードをお客様の手元に届けるまでに2週間はかかりました。

銀行のカードローンはお金がすぐに必要な人には不向きだといえます。

アイフルなら例外貸付で総量規制以上の借入ができる

借入額が年収の3分の1を超えていても、借入内容が例外貸付に該当すれば借入ができます。

アイフルでは総量規制の例外貸付であるおまとめローンが利用できます。

アイフルのおまとめローンは2種類あります。

  • かりかえMAX
  • おまとめMAX

アイフルで初めて借りる場合にはかりかえMAX、すでにアイフルで借りたことがある場合はおまとめMAXが利用できます。

おまとめローンもカードローンと同じようにインターネットで24時間365日申し込みが可能なのがアイフルの特徴です。

他社ではおまとめローンの申し込み方法はフリーダイヤルに限定されているところもあるため、ネットで申し込めるのは嬉しいポイントですね。

さらに審査結果がわかるのは最短即日と、銀行カードローンとはスピードが段違いなので忙しい人にもおすすめできます。

総量規制の除外と例外とは?

総量規制の除外と例外とは、総量規制の対象にならない貸付のことです。

除外と例外の違いは、借入額が総量規制の年収の3分の1の計算に含まれるかどうかです。

除外貸付は総量規制対象外になり、借入額にカウントされません。

一方の例外貸付は総量規制の対象で、借入額にカウントされますが、返済能力があることが審査でわかれば借入できます。

除外貸付 そもそも借入額にカウントされない
例外貸付 借入額にカウントされるが、返済能力に応じて借入できる

具体的にどのような貸付が除外貸付と例外貸付にあてはまるのか、詳しくみていきましょう。

おまとめローンは例外貸付になる

おまとめローンが例外貸付になることは先に述べました。

複数のローンを1つにまとめ、支払い先を1社に絞るローンをおまとめローンといいます。

現在借入れしている金利よりも安い金利でおまとめローンを利用することで、毎月の返済額が減るというメリットがあります。

このように貸す側が利益を求めない商品は例外貸付の対象になります。

借り換えをして支払額が減るのであれば、どうせなら一番お得な商品が知りたいですよね。

主要5社のおまとめローンを比べてみました。

商品名 金利
アイフル かりかえMAX (新規顧客用)おまとめMAX(既存顧客用) 3.0~17.5%
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 6.3~17.8%
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 7.7~18.0%
レイクALSA 受付終了(関連会社:新生パーソナルローン「かりかエール」) 10.5~18.0%
SMBCモビット 取扱なし(通常カードローン金利) 3.0~18.0%

こうして見てみると、金利の上限が最も低いのはアイフルだということがわかりますね。

アイフルのもう1つの強みとして、銀行からの借入もまとめて借り換えできるという点があります。

他社は銀行からの借入には対応しておらず、まとめることができません。

おまとめローンならまずアイフルに相談してみましょう。

その他の例外貸付

その他の例外貸付は次の通りです。

  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え(いわゆるおまとめローン)
  • 利用者やその親族などの緊急な医療費のための資金の貸付け
  • 社会通念上、緊急に必要な費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収が3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け
  • 「つなぎ資金」に関する貸付け(1か月以内に返済)

参照元: 日本貸金業協会

目的別ローンは除外貸付

使い道が決まっている目的別ローンは除外貸付にあたります。

目的別ローンとは主に以下のようなものです。

種類 除外貸付
自動車購入時の自動車担保貸付け
(いわゆる自動車ローン)
不動産購入のための貸付け
(いわゆる住宅ローン)
高額療養費の貸付け
(いわゆるメディカルローン)
教育ローン ×

なぜ自動車ローンや住宅ローンは除外されているのでしょうか。

なぜなら、自動車や不動産はその人の財産だからです。

返済が滞ったときには、それらを売ることで返済できると貸す側に判断されます。

メディカルローンは高額療養費の支払いに使われるため、除外貸付にあたります。

教育ローンは銀行や国から借りる場合は総量規制対象外ですが、消費者金融で借りる場合は除外貸付にはあたらず総量規制の対象になります。

学生ローンは総量規制の対象

学生でもお金を借りられる学生ローンは総量規制の対象になります。

そのためアルバイト代などの年収の3分の1以上は借りることができません。

学費や免許の取得費用、生活費、教材費と、大学生は何かと入り用だとは思いますが、そこまで多くは借りられないと覚えておきましょう。

クレジットカードは使い方によっては総量規制対象外になる

クレジットカードには、キャッシングとショッピングという2種類の利用方法があります。

キャッシングはカード会社から直接現金を借りる使い方で、総量規制の対象になっています。

一方ショッピングはあくまで買い物の代金を立て替えるだけなので、総量規制の対象外です。

クレジットカードの審査と総量規制の関係については、以下の記事を参考にしてください。

フリーローンは総量規制対象外

フリーローンは銀行が取り扱っているため、総量規制対象外になります。

使い道が限定されている住宅ローンや自動車ローンと違い、フリーローンは使い道が自由なローンです。

使い道が自由ということはカードローンと同じなのかと疑問を持つ人もいるかもしれません。

フリーローンとカードローンの違いは借入回数です。

カードローンは限度額の中で何度も繰り返し借りることができるローンです。

仮に限度額いっぱいで借りたとしても、返済が終わればまたすぐに次の借入ができるのが特徴です。

一方のフリーローンは1申し込みにつき1度だけの支払いで、次の借入をするためには再度申し込まなくてはなりません。

使い勝手の良さではカードローンに軍配が上がることは間違いないでしょう。

事業主が総量規制対象外で借りられるカードローンは?

総量規制対象外

個人事業主が総量規制対象外で借りられるカードローンは複数あります。

個人事業主には総量規制の例外貸付が認められており、年収の3分の1以上の金額でも申し込みが可能です。

例えばプロミスには自営者カードローンという商品があり、事業資金だけでなくプライベートな利用も可能で、限度額は最大300万円です。

アイフルの事業サポートプランでは、使い道は事業資金に限定されますが、最大で500万円の限度額が用意されています。

急に資金が必要になったときにも心強いですね。

審査に必要なものはこちらです。

  • 本人確認書類(免許証、住民票、マイナンバーカードなど顔写真があるもの)
  • 確定申告書(直近一年分)
  • 事業内容確認書

総量規制対象外のカードローンなら即日融資は可能?

総量規制対象外のカードローンであっても銀行カードローンの即日融資はできません

一方消費者金融は即日融資が可能です。

消費者金融が審査の際に最も重視するのは、その人に返済能力があるかどうかです。

つまり即日融資を受けるためには、返済能力を疑われるような行動をとらないことが大切になります。

早くお金が必要だからと焦って一度に何社も申し込みをすると、申し込みブラックになります。

申し込みブラックになるとお金に困っているのではないかと疑われて審査に落ちる可能性が非常に高くなるので、審査結果を待ってから1社ずつ申し込むように気をつけてください。

それでは即日融資がどういった流れで進んでいくのかについて具体的に解説していきましょう。

即日融資の審査手順

カードローンの即日融資の手順はシンプルです。

即日融資は手続きが複雑なのではないかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、まったくそんなことはないので安心してください。

管理人がアイフルで実際に10万円の借入をした時のスケジュールを紹介していきましょう。

申込手順 内容 時間
ネットから申し込み ネットから申し込み後に審査優先専用ダイヤルに電話をかけ、即日審査をしてほしいと伝える 9時
必要書類の提出 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
(50万円以下のため収入証明書類は不要)
9時30分
審査 平均1〜3時間。最短30分で完了
審査結果回答 メールで届く 10時10分
契約 Web完結の場合はネット上で手続きが完了 10時30分
振込(もしくはコンビニATMから引き出し) 振込はネットから可能
ATMは契約ATMから引き出せる(セブンイレブン、ローソンなど)
10時40分

また何十万円という大きな額ではなく、ほんの数万円借りたい時にも消費者金融のスピード感は頼りになります。

  • 友人の結婚式が重なって、ご祝儀代で何万円もかかってしまった。
  • 家族全員がインフルエンザにかかってしまい、病院代やタクシー代が予想外に高くついた。
  • クリスマスやお正月など、年末年始のイベントでついお金を使いすぎてしまった。

普段気をつけている人でも、このような急な出費で生活費が足りなくなってしまうことはよくあります。

そんな時にも、消費者金融なら最短即日でお金を借りることができます。

困った時に覚えておくと便利ですね。

ただし、必ず即日で借りられるという保証はありませんので、可能なかぎり時間に余裕を持って申し込みをするのがベターです。

銀行カードローンは自主規制により審査を厳しくしている

繰り返しになりますが、銀行のカードローンの場合、即日融資は無理だと考えたほうがいいでしょう。

審査が厳しいため申込日に融資を受けることはできません。

審査が厳しくなった背景には、自主規制が関係しています。

超低金利時代、高い金利を設定できるカードローンは収益になります。

そのためメガバンクを始めとして多くの銀行が、カードローンに力を入れ始めました。

皆さんも、有名な俳優が出演するカードローンのCMを目にしたことがあるのではないでしょうか。

しかしその結果、顧客の返済能力を超えた貸付けが横行し、自己破産に追いこまれる人が増えてしまいました。

大きな批判を受けた銀行側は、借入上限に関して以下のような方針を決定しました。

個人の年収に対する借入額の比率を1/3以内に制限する総量規制の効果として、 多重債務の発生が一定程度に抑制されている状況等を踏まえ、銀行カードローンにおいても、個人の年収に対する借入額の比率を意識した代弁率のコントロール等を行うべく信用保証会社と審査方針等を協議するよう努める。

引用元: 銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ:一般社団法人全国信用金庫協会

この方針を受けて、多くの銀行は借入額の上限を年収の3分の1または2分の1に引き下げました。

これが自主規制です。

銀行はこれまでと打って変わってカードローンの貸付に慎重になり、銀行から借入をするハードルは非常に高くなってしまいました。

他社借り入れについて嘘をついても無駄

ダメ

他社の借り入れは黙っていればわからないのではないかと思ったことはありませんか。

残念ながらそれは間違いです。

なぜなら信用情報機関に照会すれば、あなたの借りたローンやクレジットカードのキャッシングの履歴が一定期間すべて残っているからです。

信用情報機関は以下の3つです。

3社はそれぞれ独自に情報収集をしていますが、延滞や債務整理などの事故情報は共有しています。

つまり過去に一度でも延滞や債務整理をした経験があれば、審査する側にすぐわかってしまうということです。

私のいた銀行もローン審査の際には、JICCと個信の情報を必ず取得していました。

銀行だけでなく消費者金融も、審査のときには信用情報を照会し、お金を貸せるかどうかの判断材料にします。

借りている額を少なく申告すると、この人は嘘をつくから信用できないと思われて審査に時間がかかってしまうことがあります。

借りているものは隠さず、正直に申告しましょう。

他社借り入れがある時の注意点や融資に前向きな会社の詳細については、以下の記事も参照してください。

中小消費者金融などの街金も総量規制の対象

総量規制対象外の画像

中小消費者金融などの、いわゆる街金も総量規制の対象です。

街金はネット上で、審査が甘いといわれています。

街金は独自の審査方法をとっており、大手消費者金融が貸さないブラックリストの人にも貸付をしたという前例があるからです。

そのかわり審査には時間がかかるので、即日融資は難しい場合が多いです。

仮に借入ができたとしても、お金が手に入るまでに1か月近くかかることも珍しくありません。

街金でお金を借りる方法については、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

審査のスピードを重視するのであれば、大手消費者金融に申し込むのが一番です。

総量規制以上に借りたい人はアイフル

総量規制対象外

一口に大手消費者金融といっても、どこに申し込めばいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。

既に複数の借入があり、総量規制以上の借入をしたい人には、アイフルのおまとめローンがベストです。

金利が最も低いうえ、契約限度額は800万円と主要5社の中で最高額です。

さらに店舗数も全国に880店と、利用しやすさも大きな魅力です。

迷ったらアイフルと覚えておきましょう。

総量規制対象外のカードローンは?即日融資の審査は厳しい?【元銀行員が解説dvaction】
タイトルとURLをコピーしました