クレジットカードは総量規制の対象?審査への影響と通過への3つのポイント

総量規制

現金が手元になくても買い物ができたり現金を引き出せたりするクレジットカードは、持っていると頼れる存在です。

そんなクレジットカードには総量規制の対象になる使い方と、ならない使い方があります

すでに総量規制ギリギリまで借りている人にとって、その違いは大きなポイントです。

新しくクレジットカードを作りたいけど、借入がいくつもあって審査に通るか不安だという人もいるのではないでしょうか。

そんな悩みを持つ人のために、この記事ではクレジットカードと総量規制の関係性から審査に通りやすくなるコツを紹介していきます。

総量規制とは、個人の借りすぎを防ぐために作られた法律(貸金業法)です。
消費者金融などの貸金業者からの借入額は年収の3分の1までと定められています。

クレジットカードで総量規制の対象になるのはキャッシング枠

総量規制対象外
クレジットカードには、キャッシングとショッピングの2つの使い道がありますが、総量規制の対象になるのはキャッシングのみになります。

キャッシングとはクレジットカードで現金を借りられる機能のことで、キャッシュカードでお金を引き出すときと同じように、クレジットカードを使ってATMからお金を引き出すことができます。

この借りられる額の上限のことをキャッシング枠といいます。

キャッシング枠は貸金業法で総量規制の対象とされているので、年収300万円で他社借入が70万円ある人の場合、最高でも30万円しかキャッシング枠を作れません。

申し込みする人の借入状況は新規で申し込むときはもちろん、更新時にも必ずチェックされます。

総量規制のギリギリまで借りている人は、希望してもキャッシング枠が0円になってしまうこともあります。

キャッシング枠がどうしても必要であれば、利用の実績を積んでから増枠の申請ができます。

ショッピング枠は総量規制の対象外

ショッピング

クレジットカードのメインの使い方であるショッピングは、総量規制の対象外になります。

キャッシングをしたことがなくても、ショッピングでは使ったことがあるのではないでしょうか。

買い物の時に使える上限額のことをショッピング枠といいます。

繰り返しになりますが、キャッシングは総量規制の対象でショッピングは総量規制の対象外です。

なぜ同じカード内でこういった違いが生まれるかというと、それぞれを規制する法律が違うからです。

キャッシング枠とショッピング枠に適用される法律の違い

キャッシング枠 貸金業法 総量規制対象
ショッピング枠 割賦販売法 総量規制対象外

キャッシング枠は貸金業法に基づくもので、一方のショッピング枠は割賦販売法が適用されています。

総量規制は貸金業法上の規制なので、割賦販売法が適用されるショッピング枠は総量規制の対象外になります。

すでに総量規制にかかっていても、買い物にならクレジットカードが使えるということです。

リボ払い・分割払いも総量規制の対象外

ショッピングにおけるリボ払い・分割払い・ボーナス払いも総量規制の対象外です。

分類はあくまでもショッピングですので、どれだけ高額な商品を買ったとしても総量規制にはカウントされません。

例えば年収300万円で借入が100万円あって総量規制にかかっている人でも、ショッピング枠が50万円あれば50万円の商品を買うことができます。

リボ払いや分割払いの利用限度額は、支払可能見込額をもとにして決まります。

割賦販売法によって利用限度額が計算される

リボ払いや分割払いの利用限度額になる支払可能見込額は、割賦販売法で定められています

支払可能見込額の計算方法は下記のとおりです。

①年収−②生活維持費−③クレジット債務

参照元:一般社団法人日本クレジット協会

年収 申込者の年収
(給与・不動産収入・年金など)
生活維持費 申込者の生活を維持するために必要な支出
(世帯の人数、住宅所有の有無、居住地によって決定)
クレジット債務 1年間のクレジット代金年間支払予定額
(申込者が持つ全ての債務をもとに決定)

この計算式で出した数字に0.9をかけた金額をもとに、クレジットカードの利用限度額が決まります。

総量規制ギリギリまで借入がある人はクレジットカード審査に通らない

ダメ

総量規制のギリギリまで借入がある人は、クレジットカード審査に通らないと考えた方がいいでしょう。

例えば年収が360万円で118万円の借入があるとします。

総量規制は年収の3分の1ですから、計算上はあと2万円の余裕があります。

しかしあなたがお金を貸す側だったら、この人がきちんとお金を返せるか不安になるのではないでしょうか。

クレジットカード会社の審査でも同じように判断されます。

ショッピングもキャッシングも、カード会社が利用者に一時的にお金を貸している状態です。

貸す側としては貸したお金を返してもらえないことが最も大きなダメージになります。

きちんと返してもらえるか不安なので、借入が多い人は審査の段階で落とされてしまうことが多いのです。

他社借り入れが多くてもお金が借りられる方法を知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

カードの保有枚数は審査に関係ない

総量規制対象外

クレジットカードの保有枚数は審査に関係ありません。

持っているカードにキャッシング枠がついていても、キャッシングを利用していなければ総量規制の計算には含まれません。

審査で重きが置かれるのはカードの枚数ではなく支払いの実態です。

審査する側は、毎月きちんと引き落としがされているか、延滞や債務整理はしていないかといった点を見ています。

複数枚持っている人はそれぞれのカードの請求額をきちんと把握することを徹底しましょう。

何枚も作ると、引き落としの額を把握しきれなくなることがよくあります。

その結果、残高不足になって引き落としがかからず、事故情報が信用情報に残ってしまうケースが非常に多いです。

信用情報とはクレジットやローンの申し込みなどに関する情報のことで、日本信用情報機構のホームページには以下のように記載されています。

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

引用元: 信用情報とは:(株)日本信用情報機構

つまり申し込みの履歴も返済状況も信用情報にはすべて残っているということです。

信用情報は一度傷がついてしまうと、どんな方法を使ってもすぐに回復させることはできません。

事故情報があるとローンやクレジットカードの審査に悪影響が出るので、くれぐれも気をつけましょう。

メインカードは1枚に絞るのがベター

複数カードを持っている人はメインカードを1枚に絞ることがおすすめです。

引き落としが1つになれば、残高不足による延滞のリスクが減ります

どうしても複数枚使ってしまうのであれば利用明細をとっておき、それぞれのカードの利用金額を把握しておきましょう。

なによりも支払いに遅れないことが大切です。

審査に通りやすくするためには、自分の信用情報をきれいに保つことが近道です。

一度に複数のカードに申し込むのは控える

もう1つ気を付けたほうがいいのは、短期間で複数枚のカードに申し込むことです。

たくさん申し込んで審査が早い会社に決めようと考える人もいるかもしれませんが、そのやり方はおすすめできません。

なぜなら、申し込みの履歴は半年間残ってしまうからです。

1ヶ月に3つ以上のカードローンやクレジットカードに申し込むことを、金融業界では申し込みブラックといいます。

短期間で次から次へと申し込む人はお金に困っている可能性が高いと判断され、信用情報に傷がなくても審査に落ちます。

審査結果を待ってから、1社ずつ申し込みましょう。

クレジットカードの審査に通るための3つのポイント

数字

次の3つのポイントを押さえるとクレジットカードの審査に通過しやすいです。

  • キャッシング枠はつけずに申し込む
  • 銀行系クレジットカードを利用する
  • おまとめローンで複数の借入を1本化して効率的に返済する

クレジットカードは2つの法律(貸金業法・割賦販売法)を使って審査されているので、キャッシング枠をつけないほうが審査にかかる時間が短縮されます。

また総量規制対象外の銀行系クレジットカードは総量規制ギリギリであっても申し込めるところがメリットです。

他社借入の金額と件数が少なくなると審査で有利なので、おまとめローンで借入を一本化すると審査に通りやすくなります

この3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。

キャッシング枠をつけずに申し込む

総量規制対象外
キャッシング枠をつけずに申し込んだほうが、審査にかかる時間は短縮されます。

ショッピング枠とキャッシング枠では、扱う法律が違うということは上述のとおりです。

ショッピング枠だけにすることで審査の基準が1つになり、そのぶん審査は早くなります。

キャッシング枠をつけないメリットは他にもあります。

キャッシング枠がなければ、カードの盗難に遭ったり紛失をしたときに不正にキャッシング利用をされません

例え不正利用であっても、暗証番号を使ってお金を引き出されると、クレジットカードの盗難保険の補償を受けられないケースがほとんどです。

キャッシング枠をなくすことで緊急時のリスクを減らすことができます。

また今後住宅購入を考えている人であれば、キャッシングの利用履歴がないほうが有利です。

キャッシングの利用履歴がある人は、住宅ローンの審査のときにキャッシングした理由を必ず聞かれるので審査が遅れます。

私が銀行で審査を担当していた時の話ですが、年収800万で大企業に勤続10年という申し分のない属性の人でも、キャッシングの履歴があるだけで1日で終わるはずの事前審査に1週間かかりました。

住宅ローンは高額な商品ですから、銀行は貸付に対して非常に慎重です。

キャッシングを使うほどお金に余裕がない人なのかもしれないと疑われると、最悪の場合審査に落とされてしまう可能性もあります。

安易に使って信用を落とさないためにも、キャッシング枠は0円で申し込むことをおすすめします。

銀行系クレジットカードを利用する

総量規制対象外

総量規制ギリギリまで借入があり、それでもクレジットカードが必要ということであれば、銀行系クレジットカードに申し込むという選択肢もあります。

総量規制は貸金業法で定められており、銀行は貸金業者ではないので、銀行が取り扱う商品はすべて総量規制の対象外になります。

銀行系のクレジットカードであればキャッシング枠も総量規制の対象外です。

中でもイオン銀行が扱うイオンカードは、18才以上ならアルバイトや専業主婦など、安定した収入がない人でも申し込めることで人気があります。

しかし銀行でも総量規制と同じように、貸付限度額は年収3分の1から2分の1までとする自主規制がおこなわれているのが現状です。

他のクレジットカードよりも審査は厳しいので、総量規制のギリギリまで借入がある人が通ることは難しいです。

仮に審査に通ったとしても、発行までに2~3週間かかることも珍しくありません。

おまとめローンで複数の借入を1本化して効率的に返済する

総量規制対象外

おまとめローンで複数の借入を1本化するのは、カードの審査に通るために有効な方法です。

おまとめローンは貸金業法で定められた例外貸付で、総量規制の対象外になるので、総量規制ギリギリまで借り入れしている人も申し込めます。

1本化することで月々の支払いの負担が軽くなり、今ある借入を着実に減らすことができます。

借入が減ればカード会社の印象も上がり、審査に通りやすくなります。

どこの商品に申し込んだらいいかよくわからないという人には、アイフルのおまとめローンをおすすめします。

  • 主要5社の中で金利が最も低い(3.0~17.5%)
  • 銀行からの借入も借り換えできる(主要5社の中で唯一)
  • 契約限度額が高い(800万円)
  • 店舗数が多く、利用しやすい(全国880店)

他社と比べてもこれだけのメリットがあります。

銀行は総量規制対象外ですが自主規制をおこなっており審査に前向きではないため、審査に対して積極的な消費者金融の利用がベストです。

おまとめローンならまずはアイフルに相談してみましょう。

総量規制
総量規制対象外のカードローンは?即日融資の審査は厳しい?【元銀行員が解説dvaction】
タイトルとURLをコピーしました